22回全日本フルコンタクト・テコンドー選手権大会
 
蹴武の型団体戦  準優勝  横浜市立大学体育会B


試合を経て,型の団体戦は非常に奥深い魅力のある種目であると感じました。
我々Team Dramaticalは,創作・迫力・感動をテーマに型を練り込んでまいりました。
原形の尊重とオリジナリティ,工夫の可能性と構成の複雑性,緩と急,追求するほどに魅力は深まりますが,
取り組みの中で感じた一番の醍醐味は,やはり「全員で考え,全員で創り,全員で演じること」でした。
この点についていえば,我々は日本一楽しんできたと思っています。
絆が形に成っての,準優勝という結果であると思います。二番ですが,績み上げたものに誇らしい想いは尽きません。
ありがとうございました。