23回全日本フルコンタクト・テコンドー選手権大会
 
男子組手無差別級 準優勝  倉田剛志

写真準備中

まず始めに、指導して頂きました盛島師範、佐藤指導員、 尊敬する諸先輩方、共に切磋琢磨してきた大切な仲間、道場内外を問わず 熱い応援及び激励を頂いた皆様方に心から感謝申し上げます。

今大会は高齢の家族が遠方から応援に駆けつけてくれたので、 試合に臨むにあたって強いプレッシャーと覚悟がありました。
絶対優勝という誓いを立てて挑みましたが、決勝戦の延長戦で 体力切れを起こしてしまい、自分にはまだまだ優勝するに 足るだけの鍛錬が不足していたと痛感しています。

この経験を糧にまた日々の稽古に励み、改めて来年挑戦 したいと思います。 支えて下さった皆様方、本当にありがとうございました。