24回全日本フルコンタクト・テコンドー選手権大会
 
蹴武の型 4位  米田勝則

写真準備中
全日本大会という舞台で、初の4位入賞出来た事を、嬉しくもあり、悔しさもあります。
私は腰から下の関節や筋に数々の怪我を抱えており、開脚は90度。肘もつきません。
稽古でのネリョに関しては、帯の高さが精一杯の数年。
他、私事ですが、昨年から今年にかけ、二度の骨結合手術。
そんな中でも出来る技を精一杯練習し、特に手技練習量は誰にも負けません。
怪我をしているから…痛いから… と、テコンドーに諦めを感じている方はいませんか。
私は何度も悩み、 苦しんだ時期がありました。

今大会、私の型で、少しでも勇気が湧き、刺激を受けた方がいらっしゃれば幸いです。

私は今後もさらに上位を、自分らしいテコンドーを目指し、出来る範囲で頑張ります。

最後に、今まで支えて下さった皆様、本当にありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願いします。