25回全日本フルコンタクト・テコンドー選手権大会
 
女子組手無差別級 準優勝  高 伶香


たくさんの声援ありがとうございました!
今大会、「最後まで勝ち上がりたい。」いつもよりもその想い強く、挑みました。
あと一歩のところで優勝を逃してしまい、じわじわと悔しさが込み上げてきています。

決勝戦は、同じ大学の出身同士あの場に立てたこと、本戦・延長戦とも互いに全力で挑めたこと等、非常に嬉しく、楽しいと思える試合となり、悔しさの一方で清々しい気持ちでした。
今まで自分が目指していた組手、求めていたものを再認識でき、新たな目標も定まりました。

リングの上からでも会場の方々の盛り上がりがわかり、とても嬉しく思います。

今後、女子組手は更に盛り上がっていくことと思います。
見ている人を魅了する試合を目指して参ります。
今回の悔しさを胸に、また来年に向けて地道に稽古に励んでいきたいと思います!

最後に、実行役員の皆さま、応援してくださった皆さま、稽古をしてくださった武田師範はじめ、ともに稽古をしてきた道場の仲間たちの、心強い存在に背中を押していただきました。感謝します。
今後ともよろしくお願いします。
ありがとうございました。