25回全日本フルコンタクト・テコンドー選手権大会
 
中学生男子組手試合  優勝  野原颯太


全日本を見据えて夏から先生の指導のもと、聖英・洸大と練習前に短距離・長距離を走って体力を つけてきました。
その甲斐あって、組手では体力が最後まで続きました。また、練習で反復して続けた踵落としも、い い感じで出すことが出来ました。
その結果優勝することができたので嬉しく思っています。 一方で課題も見つかったので、今度はその課題を克服して、来年も優勝できるように頑張りたいと
思います。