25回全日本フルコンタクト・テコンドー選手権大会
 
蹴武型男女混合試合  準優勝  山崎崇史


学生のうちにこういった結果を得ることが出来て、非常に光栄に思います。
思えば全日本大会に出たいと思ったきっかけは、一年の頃に全日本大会での先輩の組手を見たことでした。その時は組手で出たいという事しか考えておらず、結局三年の夏ごろまで全日本大会に型で出たいと思うことはありませんでした。
その私が型で結果を得られたのは、日頃意識しないところで自分の可能性を拡げてくれた指導者の皆さんや先輩方、同期、後輩の皆のお陰だと思っています。
就職が決まり、来年がどうなるかわからない身分ではありますが、今後は自分の癖を修正して更に一段上を目指す事、後輩たちの可能性を拡げる事を目標に頑張りたいと考えています。
本当に応援ありがとうございました。