日 本 跆 拳 道 基 礎 理 論 講 義
 
 日本跆拳道協会(JTA)の初段昇段審査を受験するためには基礎理論講義受講が必修です。
 本年度、講義内容をバージョンアップします(河明生の脳ドックで撮影された画像を使用解説等)
 日本跆拳道の技術力はもとより持続的向上心を保つ上で不可欠な高い精神力の涵養に役立ちます。
 とりわけ高校・大学受験、就職試験等の各種試験の備えにも有意義であると自負しています。
 精神の病(躁鬱、依存症、引き籠もり等)を予防する上で有意義な講義です。
 すでに昇段を果たした門人・会員(含保護者)も受講できます(除名者・退会者その保護者除く)。
 JTAの門人・会員である限り、何度でも聴講できますので奮って参加して下さい。

 本講義を受講するためには「受講事前登録Eメール(下段参照)」で登録し、
 「年齢毎の課題論文(同)」を定められた「論文・感想文の流れ(同)」にそって執筆し、
 昇段審査時に提出して下さい。
 その際、「日本跆拳道基礎理論講義受講証明書(同)」を必ず添付して下さい。

                                                     日本テコンドー協会
                                                     宗師範 河 明生

2012年関東・神奈川会場風景


2013年九州・佐賀会場風景
 


 記  講 師  河 明生 先生(JTA会長・宗師範)

 参加資格 JTA年会費を納めているJTA門人(含有段者)・会員(含非受験者)
        小学生・中学生等の少年少女部、高校生の保護者
        JTAの門人・会員である限り、何度でも受講化。
        「受講事前登録Eメール

 実施日 各会場年1回 「2017年度・日本跆拳道基礎理論講義日程

 筆記用具 ボールペンや鉛筆、ノートを持参して下さい。忘れた場合は受講できません。
 板書を清書し、配布物は一切配りません。
 脳を活性化させ記憶に定着させるため板書は伝統的筆記手法で書き記して下さい。

 禁止事項 録音、録画、デジカメ等による撮影はできません。
 受講中は携帯電話(含スマートフォン)の電源を切ることを義務付けます。
 不遜な態度をとる場合は即時退出させます。

  日本跆拳道基礎理論の年齢毎の課題

  本講義に基づき昇段審査受験時に次の課題を持参提出して下さい。
  
審査時に持参できない場合、普通郵便で本部事務所に郵送して下さい。


1,一般(18歳以上)・大学生会員は「論文」  を提出して下さい。

 論文の流れ
 Ⅰ、人間の潜在能力および脳力
 Ⅱ、日本 拳道の修練
 Ⅲ、丹田呼吸に基づく上記ⅠとⅡの有機的結合


2,中学・高校生は、講義時に提示された

「板書を自筆で清書したもの」と次の流れに基づいた「感想文(ワープロ可)」を提出して下さい。

感想文の流れ
  Ⅰ、人間の潜在能力とパソコン、スマホ、ゲームのやりすぎによる脳内汚染の感想
  Ⅱ、日本跆拳道の練習の意味の感想
  Ⅲ、丹田呼吸(腹式呼吸)を習慣にすることの大切さに関する感想

   ただし、高校生であっても一般・大学生同様の論文を書ける場合は①に基づき提出して下さい。


3,小学生は、次の流れに基づいた「自筆の感想文」を提出して下さい。

 感想文の流れ
  Ⅰ、人間のもともとそなえている能力とゲームのやりすぎによる脳の破壊の感想
  Ⅱ、日本跆拳道の練習の意味の感想
  Ⅲ、丹田呼吸(腹式呼吸)を習慣にすることの大切さ、とくに口呼吸をやめ鼻呼吸に変えること
    でインフルエンザ等の病気にかかりにくくなることに関する感想
  提出時添付 「日本跆拳道基礎理論講義受講証明書